即日融資 スマホ完結 審査

大手消費者金融ではネットでの即日審査、即日融資に対応している

大手消費者金融では、即日融資即日振込をしてもらうために様々な申し込み方法を用意しています。無人契約機を使った申込みでも即日審査融資が可能ですが、パソコンや携帯電話、そしてスマートフォンなどインターネットを使った申込みでも、来店することなく即日融資審査が可能なのです。
例えばアコムでは、ネットで契約までできてしまい即日融資が可能。そのうえ借り入れも返済も24時間ネットでできるので大変便利です。
>>早速申し込んでみる

申込はパソコン、スマホから簡単

アコムでは、パソコン、携帯電話、そしてスマートフォンから即日融資のための申込をすることが可能です。インターネットを使えば、申し込みはもちろん、契約まですべてネット上で完結するので、来店する必要もありません。人目を気にすることがないのでオススメです。

本人確認書類も、インターネットから写真データをアップロードするだけですので簡単です。契約をした後は、インターネットを使って振り込みをしてもらうことで即日融資を可能としています。審査は最短30分で、ネットから振り込まれたら、あとはコンビニや銀行のATMでお金を引き出すだけ。融資までに時間がかかると、結果を待っている間の不安な時間が長くなりますが、即日でネット融資が決まると精神的にも楽になれますね。

プロミスでもアコムと同様に、パソコンやスマートフォン、携帯電話から即日融資のための申し込みができます。プロミスの場合、インターネットで申し込みをしてそのままネットでの契約、来店しての契約、そして郵送での契約と3種類の契約方法から選べるのがユニークですね。プロミスでは、収入証明書は51万円から必要になります。

借入までの手続きはネットからが主流

SMBCモビットも、パソコンやスマートフォン、そして携帯電話からのネット申し込みが可能で、即日融資も十分に可能です。融資額の上限が800万円までなので、ゆとりある借り入れが可能です。SMBCモビットといえばインターネットだけですべての手続きが完結する「WEB完結」が有名ですが、これまでそれはパソコンのみが対象となっていました。

しかし、最近になってスマートフォンでもWEB完結が可能になりました。今や携帯電話やパソコンを押しのけてインターネットの主役といっても過言ではないスマホですから、これはうれしいですね。

即日ネット融資は借り入れも返済も24時間OK

ネットでの融資の申込は、来店が不要で手続きや審査の時間短縮になるだけでなく、返済もネットやコンビニATMで24時間できるので大変便利です。返済日までに振り込むための時間がとりづらい人でも、深夜や空いた時間にネットから返済できてしまえば返済が遅れる心配もありません。返済額は月々数千円から可能なので、生活を圧迫する不安もありません
急にお金が必要になった時、その日のうちに借りれて返済も無理なくできる即日ネット融資を可能にしているアコムプロミスSMBCモビットは現代人にとってありがたいですね。賢く活用しましょう。

即日融資審査の前の簡単な事前診断


例えば、アコムにはWEBを利用した3秒診断があります。これは事前にご自身が借りれるかどうかをインターネットから3秒で判断できるサービスです。匿名で利用でき、年齢、年収(総支給額)、他社借り入れ状況のたった3項目の記入でカンタンに利用できます。

また、もし落ちても個人情報が残ることもありませし、何回でもネットから利用できます。審査を受ける前に利用しておくと審査が通過しないで過ごす無駄な時間もなくなり、時間を有効的に使うことができます。事前診断をうまく活用することで、不安な審査も安心です。
>>アコムの3秒診断をやってみる

即日借り入れのスマホ完結、どこまでスマホで完結できるのか?

SMBCモビットの10秒簡易審査であれば、名前や連絡先項目など簡単な入力だけで審査を行うことができ、
審査結果も登録したメールアドレスに届くため、電話の連絡が一切ありません。
また、必要書類も写真を撮ってスマホで送るだけで済みます。 契約完了後は、ネット振込で自分の口座にお金を振込むことができます。 スマホ一台あれば、申込から契約まで全て行うことができます。

その他スマホで行えること

・契約内容の確認
・次回支払期日
・返済額
・利用残高
・追加の借り入れ申請など

>>SMBCモビットの10秒簡易審査に申し込んでみる

スマホ完結での即日借り入れに必要なもの

キャッシングの申込みに必要な書類は、本人確認書類のみ
本人確認書類は、運転免許証があればOKで、運転免許証を持っていない場合は、健康保険証パスポートで代用できます。
※契約内容によっては収入証明が必要なケースもあります。
SMBCモビットを例に説明すると、スマホ完結の特徴は下記の通りです。

・本人確認の会社や携帯への電話連絡なし
 →必要書類の写真を専用サイト・アプリで送信するだけ

・書類の電子化で郵送物なし
 →契約書類や利用明細が全て電子化されてネットで見れる

カードレスなので、入会後すぐ利用可能
 →カードの到着を待つ必要がない
※三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座を持っている方
社会保険証もしくは組合保険証を持っている方

>>SMBCモビットのスマホ完結に申し込んでみる

アコム・プロミス・SMBCモビット・レイクALSAでの即日審査

借入の際に最も時間が掛かるのが「審査」です。しかし時間が無いからと言って「審査なし」の闇金で借りるとリスクが伴います。
(審査なしで借りるリスクについては→コチラ参考に)

そこで即日審査を可能にするのがアコムプロミスSMBCモビットレイクALSAなどの消費者金融です。キャッシング審査が最短15分で完了できます。

即日審査審査までの時間実質年率
アコム可能最短30分3.0%〜18.0%
プロミス可能最短30分4.5%〜17.8%
SMBCモビット可能10秒簡易審査3.0%〜18.0%
レイクALSA可能最短15分4.5%〜18.0%

>>審査について詳しく知りたい

消費者金融以外での借入先と迷ったら・・

消費者金融以外でも、ネットから申込ができる借入先に銀行系カードローンがあります。 両者を比較すると、一番の違いは審査スピードです。
銀行系カードローンは審査を自社で行わず外部に委託するため、審査に基本、数日から長いと1週間かかることもあります。 そのため、即日借り入れをうたっている銀行系カードローンでも、実際のところは即日借入れはできないことが多いです。

また、銀行系カードローンは、申込みの入力項目がとても細かくて多いのが特徴です。
SMBCモビットやアコムでは名前や連絡先など簡単な数項目だけなのに対し、銀行系カードローンでは自宅電話区分、居住区分、居住年数、家族との同居、配偶者有無、子供の人数、家賃・住宅ローン返済の有無、勤務先住所、部署名・役職名、勤務先電話番号、勤続年数、全社従業員数などまで入力しなければならないので、すぐに申し込みたくても調べて入力する手間がかかってしまいます。

一方、消費者金融は審査が最短1時間で済み、SMBCモビットの10秒簡易審査は特にすぐに結果が分かるので大変便利です。審査が通るかどうか待っている時間は物理的にも精神的にも負担になるので、できるだけ早く結果の出る消費者金融を選んだ方がよいでしょう。
また、審査の通りやすさに関しても、実際の申込者の声で「銀行系カードローンの審査は落ちたが、消費者金融は受かった」という人が多いのも事実です。

>>SMBCモビットの10秒簡易審査に申し込んでみる

消費者金融と銀行系カードローンの比較

実際にモビットカードのWEB完結と銀行系カードローンの重要項目を比較してみます。

比較内容モビットカード一般的な銀行系カードローン
審査最短1時間とスピーディー数日〜1週間
在籍の確認WEB完結なら電話連絡なし会社や自宅に電話あり
カード受取即日受取可能
WEB完結でカードレスも可能
郵送で1〜2週間で受取り
不在だと受け取れない
申込時の
入力項目
20項目程度50項目程度
使いみち原則自由で生活費などでもOK使途によっては
細かい確認が入ることも

上記の表をまとめると、消費者金融の優位点は下記の3つになります。

 ・審査が早く、即日融資を受けられる ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
 ・申込時の準備がラク
 ・会社や家族などに借りていることがバレない
 ・使途が自由

消費者金融は使いみちが自由なのに対し、銀行系カードローンはビジネス資金やローン返済に充てるための借入れはできない場合が多いのもポイントです。
住宅ローンカーローンなどの返済が急な出費で厳しくなった時には、消費者金融を利用するのが最適です。
また、ローン返済のための多額の借り入れをする場合は、高額であればあるほど金利も低く設定されますので、最低金利が3.0%からのアコムSMBCモビットがおすすめです。
特に、SMBCモビットは借入れ限度額の上限が800万円と業界で一番高い金額なので、ローン返済には最適でしょう。

>>モビットカードに申込む

同じネット即日融資でも、金利や返済額の違いが選ぶポイントに

SMBCモビットのスマホ完結と同様に、銀行系カードローンでもネット上で完結できるものがありますが、金利返済額が異なります。
例えば、10万円を最高金利で借りたとして、月々1万円ずつ返済する場合、

・SMBCモビット(最高金利18%):1ヶ月の利息は1,479円
・一般的な銀行系カードローン(金利14%):1ヶ月の利息は1,151円

となり、約330円しか変わらないので、実は金利は大した違いがないんですね。

次に、月々の最低返済額を比較してみます。借りた後のことも考えておいたほうがいいです。

・SMBCモビット:毎月4000円返済
・一般的な銀行系カードローン:毎月1万円返済

毎月の返済額が6000円も違うのは、大きなポイントになります。
お金がないから借りるわけですから、返済するお金を確保するのも大変なので、返済額は少ないに越したことはありません。
SMBCモビットは月々数千円から返済額を設定できるのでありがたいですね。

最近ではスマホアプリとの連携も進む

消費者金融の各社は直近でスマホアプリの連携を強化しています。アプリをダウンロードすることでアプリからお申込、入金の対応も簡単にできるようになっています。

■■■主な機能(モビット)■■■
・スマホATM取引
アプリを使ってカードレスで入金、出金ができます。セブン銀行ATMでは24時間キャッシングができるので、便利です。

・必要書類送付
カードローンのご契約時に必要な書類(免許証など)をスマホカメラで簡単に送れます。契約後は収入証明書類が必要になった場合などにも利用できます。郵送の手間が省けますね。

・会員専用サービス「Myモビ」
【簡単ログイン】
オートログイン機能が使えるので、一度ログインしてしまえば2回目以降はスピーディーにログインできます。Touch IDに対応しているので、指紋認証のログインも可能です。

【増額審査の申込】
電話なしで申込、結果の案内まで、契約額変更を全てネット・アプリで行うことができます。

【支払予定日の登録】
支払いが遅れてしまう場合も電話なしで24時間変更ができます。

【返済方法、口座変更】
ATM入金から口座振替の変更などもアプリで簡単に行えます。

【支払い日の変更】
毎月の返済日(5日、15日、25日、末日)の変更手続きができます。

【振込キャッシング】
最短3分で口座に直接振込してもらうことができます。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【利用状況の確認】
利用限度額や、利用可能額などの確認ができます。

>>SMBCモビットに申込む

↑ PAGE TOP