低金利ローン 

そもそも金利って何?

お金を借りる時には、借り入れた金額に加えて利息分を支払うことになります。
金利とは、この利息分を計算するのに使うもので、アコムやモビットなら3%〜18%、プロミスなら4.5%〜17.8%など、割合で示されます。平たく言えば、借りている額に対して支払う利息の割合です。 金利は基本的に年率で設定されており、1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合を示しています。
→金利の計算方法を詳しく知りたい

低金利で融資を受けることができる消費者金融

金利の「0.1パーセント」の違いでも、総返済額で見ると大きく変わってくるものです。なので、借入先を選ぶ際はできるだけ低金利のキャッシング会社を利用したいですね。ここでは比較的に低金利でキャッシングが行える消費者金融系カードローンにスポットを当てていきます。

低い金利で返済も楽!消費者金融系カードローン

銀行系カードローンと比べてもアコムやモビットなどのキャッシング会社のカードローンは低い金利なので借入れ後の返済に心配がいりません。また、銀行系カードローンに比べて月々の返済額が安く設定てできるのが消費者金融の魅力です。初めての借入れでも月数千円からの返済など、安心して計画的に利用できるようになっています。
>>少ない返済額で借りてみる

消費者金融でも低金利ローンを利用するための方法とは一体何なのか

消費者金融は申込みや借り入れ、返済で利便性が高く、誰でも比較的簡単にお金を借りることができます。しかし、銀行の低金利ローンと比べると、消費者金融の金利の高さはデメリットでもあります。その中でも低金利ローンは一体どこなのでしょうか。

銀行と消費者金融の金利の違いは明白

まず、銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングの金利を比較してみます。一般的な銀行のカードローンの金利は、年5%から15%といったところです。
これに対して、大手消費者金融であるアコムとモビットは3.0%から18.0%、プロミスは4.5%から17.8%となっています。大手消費者金融同士では大差がない金利ですが、銀行のカードローンと比べると、消費者金融のキャッシングは上限金利と下限金利との間に開きがあります

ここで気になるのが、自分がどの金利が適用されるのかでしょう。どの金利が適用されるのかは、その人に適用される限度額に大きく左右されます。
大手消費者金融の限度額は、1万円から500万円であることが多く、500万円に近いほど低金利ローンを利用できる計算となります。初めて消費者金融に申し込む際には限度額も低めに設定されますので、適用金利は高くなる傾向にあります。

30日間無利息の貸し出しは大手消費者金融ならでは

ただし、大手消費者金融では30日間無金利でお金を貸してくれるところも増えてきています。新規契約に限られますが、アコムでは契約翌日から、プロミスでは借入翌日から30日間無金利でお金を借りることができますので、上手に利用しましょう。(※プロミスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
>>30日間無利息で借りる

金利の計算方法

たとえば、金利17%で50万円を借りた場合、その17%にあたる8万5000円を合わせた58万5000円を1年後に支払うということになります。
ですが、この利息分を一年後にまとめて支払うのではなく、356日のうちの借入期間の日割りで計算します。 つまり、
 利息=借入金額×金利÷365日×利用日数 となります。
例)金利17%で50万円を借り、半年後(180日後)に一括返済する場合は、
 利息=50万円×17%÷365日×180日=41917円
これで金利が1%高い18%だとすると、
 利息=50万円×18%÷365日×180日=44383円
となり、金利が1%違うだけで支払額は約2500円違ってきます。

毎月の返済で考えると差額はあまり大きくないように感じてしまいますが、借入金額の返済額に差が出てきます。
上記の例の場合、毎月の利息の差は500円です。毎月1万円を返済した場合、利息が17%の場合一年後の利息が約7,000円から6,500円になります。一方利息が18%の場合は利息が7,500円から7,000円となります。

 
17%残債18%残債
1年後約46.5万円約47万円
2年後約42.3万円約43.4万円
3年後約37.5万円約39.2万円
4年後約31.8万円約34.2万円
5年後約25.3万円約28.3万円

金利が違うと毎月の元金の返済額が変わるので、時間が経つにつれて金利の差が大きくなってきます。同じ金額を返済していても、返済期間が長くなってしまいます。

金利が低いに越したことはありませんが、毎月の返済額が少なくなるケースも多く、早く返せば金利もかからないのに、いつまでもダラダラと返済していると金利が低い意味もなくなってしまいます。

審査の前の簡単な事前診断

例えば、アコムには3秒診断があります。これは事前にご自身が借りれるかどうかをネットから3秒で判断できるサービスです。匿名で利用でき、たった3項目の記入でカンタンに利用できます。

また、もし落ちても個人情報が残ることもありませし、何回でも利用できます。審査を受ける前に利用しておくと審査が通過しないで過ごす無駄な時間もなくなり、時間を有効的に使うことができます。事前診断をうまく活用することで不安な審査も安心です。

↑ PAGE TOP