即日融資 審査無し

審査なしで融資をするカラクリと対処法

・審査無しで借りて大丈夫なのか?
     →コチラ

・審査なしの罠
     →コチラ

・安心なのは消費者金融
     →コチラ

・審査がゆるいとは?
     →コチラ

・審査が不安な人の不安を解消
     →コチラ

即日融資無審査(審査なし)を謳う業者は、金利が異常に高く、取り立てもかなり厳しい

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでお金を借りると、例外なく審査が待っています。いくら即日審査、即日融資をしてくれるなど利便性が高くても、審査を受けるのは嫌だという人は少なくありません。

そこで「即日融資無審査」「即日融資審査なし」などの文句に誘われるまま、怪しげな金融機関に足を運ぶ人もいます。しかし、それは大変危険であり、結果的になけなしのお金すらだまし取られてしまうケースがあります。怪しそうな業者は怪しい業者だと思った方がよいです。

そのリスクを回避するには、アコムのような銀行系のフィナンシャルグループという信頼性の高い業者を選ぶのが安心安全なのです。

「即日融資審査無し」はリスクが高い

銀行や大手消費者金融が即日融資でも審査を行うのは、申込者の返済能力を判断するためです。即日融資審査なしを謳う業者は、申込者の返済能力を判断することなく融資をしているのですから、業者からしてもかなりリスクが高いですね。

もちろん業者も、リスクを丸被りするわけではありません。融資をした人の中には、貸したお金を返さない人もいるでしょう。

通常ではその分損をしてしまいますが、業者は貸したお金を返さない人の穴埋めとして、それ以外の人から徴収する金利を高く設定しています。法定金利の上限年20%を超えるような設定をしている業者も少なくありません

貸したお金を返さない人を極力作らないために、法律で禁止されているような「アグレッシブ」な取り立てをする業者も少なくありません。いくら即日融資審査なしとはいっても、これでは怖いですよね。
そもそもそう言った業者は違法業者なので、「金利が高すぎる」と言っても話を聞いてもらえません。
そんな怖い目に合わないようにするには、やはり社会的に信頼度の高い銀行系グループの消費者金融を選ぶことです。例えばプロミスも、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスなのでオススメです。

審査なしで借りられる罠

きちんとした届出をしている消費者金融で審査をしないで融資することはありません。つまり、審査なしでお金を貸すと謳っている業者は違法業者、俗に言う闇金です。

闇金は審査なしで即日50万まで融資などと謳っています。どうしてもお金に困ってしまった時は法外な利息のことよりも目の前の融資を優先してしまいたくなるものです。しかし、闇金は高利の貸付だけを行っている訳ではありません。

悪質な業者になると、証拠金として融資の前にお金を支払うように要求してきます。「3万円先に払ったら20万円融資します」など言って、支払いを済ませると連絡が取れなくなってしまうと言った被害も多いです。

審査無しで借りた結果、借金が増えてしまう事も

「審査なし」「無審査」といった甘い文句で貸付を行っている業者は違法業者です。借り易さと引き換えに法外な金利を請求されます。その上、完済が近づくと手数料が必要など、何かと理由をつけて完済できないようにされることが多いです。

その結果、かえって借金が増えてしまったというケースも少なくありません。 「審査なし」「無審査」の謳い文句に騙される前に、大手消費者金融で行う事前診断などで現時点で自分が借入できるかどうかを確かめて安心して借入を行いましょう。

銀行グループの消費者金融は安心

プロミスSMBCモビットなどの大手消費者金融は今や銀行のグループに属しています。銀行と提携関係を結んでいますので、比較的財務基盤も安定しており、アグレッシブな取り立ても一切しません。心配の金利もしっかりと法定金利を順守しており、高くても貸付金利は年18%程度としている消費者金融がほとんどですので安心です。


安心して借りられるオススメの消費者金融はココ!


審査がゆるいとはどういうことなのか?

「ここの消費者金融は審査がゆるい」「審査が甘い」「審査が通りやすい」などの紹介を目にすることがあるかと思います。こう言った謳い文句ですが、実は信憑性に欠けます。消費者金融は審査基準を一切公表していません。そのため、ここだと審査が通りやすいと言ったことはありません。申込をされた方の審査が通る率が高かったということはありますが、実際それぞれの方の状況も変わりますので、同じ状況で申込をすると言うことはありません。さらに、同じ人が複数の消費者金融にお申し込みをされても、審査が通る会社もあれば通らない会社も出てきます。ただ一つ言えることは、「審査が甘い」と言う謳い文句を鵜のみにしてしまい、もし審査に落ちてしまうと、その状況は各消費者金融で共有されるため、審査に落ちた記録は残ってしまいます。

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの審査の違い

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンでは銀行のカードローンの方が審査が厳しいという話を聞いたことがあるかもしれません。それはあながち間違っていないと思います。

銀行の業務はキャッシングのサービスだけを行っているわけではなく、様々なサービスを提供しています。それに対して街金などの消費者金融は利息を取るサービスがメインのため、お金を貸す相手がいなければ商売が成り立たなくなってしまいます。ただ、最初の話に戻りますが、当然返済能力のない人にお金を貸すことは避けたいので、当然審査がないわけではありません。

銀行は「貸さなくても困らないし、貸したお金が返ってこない方が困る。」消費者金融は「お金を貸す人がいないと商売が成り立たない」といったスタンスの違いは多少あるかもしれません。実際、銀行のカードローン審査の方が審査時間が長いのはその辺りの事情があるのかもしれません。

審査をしたくない理由で多いもの

審査なし(無審査)にひかれる気持ちは誰しもあると思います。しかし、それは「審査に通らないのではないか」という不安から審査なしを選んでしまうわけで、結果としてそれでは不幸になってしまいます。
では、どうすればよいか?・・答えは簡単です。審査について正しく知って、不安を解消してしまえばいいわけです。審査をしたくない理由ごとにその不安解消方法を調べてみました。

・親や職場の人にバレないか不安
     →コチラ

・収入面で不安がある
     →コチラ

・他社の借入があり不安
     →コチラ

・金融事故の経験がある
     →コチラ

お金を借りたことが誰かにバレないか不安

「審査なし」の場合は当然どこかに確認が入ることがありません。そのため、どうしても誰にもバレたくない人は「審査なし」と言ったうたい文句に惹かれてしまいます。しかし、審査の時に連絡が入らなくても、融資を受けた後の取立は実家、職場などに及ぶことがあるそうです。どうしても連絡をされたくなかったら、利息をもっと払うように脅されたり、弱みに付け込まれてしまいます。

現在の消費者金融では、第3者にバレてしまわないように最大限の配慮があります。たとえば、在籍確認の電話も「鈴木と申しますけど、○○さんお願いできますか?」と偽名で名乗る上に会社名は絶対に出しません。また郵送物も消費者金融の名前は封を開けない限りわからないようになっています。支払い遅延をしてしまっても前もって連絡をしておけば、四六時中催促の電話がきたりと言うこともないので安心できます。

一時の誘惑に負けて、後々後悔しないように気を付けましょう。

各社の特徴をつかみ、不安を払拭!

いまの収入で審査通過するか不安…そういった収入面での不安を持っていて審査なしのとこを探している。お金を借りる時にこの悩みを持つ方ってけっこういますよね。

借入れ審査に対して不安のある方はお金を借りる先が重要になってきます。キャッシングやカードローン会社を選ぶ時は審査の手続きで収入を証明する必要のない業者を借入先として考えてみるのがよいでしょう。

実際に大手消費者金融のアコムは、収入を証明する書類は51万円以上の融資を希望する場合です。同様に、プロミスも51万円から収入証明書が必要になります。

仮審査で事前に確認してみるのもあり!

収入証明が必要ない金融機関の存在を知ったからと言っても、審査はやっぱり不安という声は多いです。借入額が極端に多い人や、少なくてもアルバイトやパートといった職業不安の方はなかなか借入審査に踏み切れないといった傾向にあるようです。

「審査はやり直す事が出来ないから」まさにその通りで、落ちたからもう一回やり直すといった事もできませんし、信用情報にキズが…と心配なのも仕方ありません。 ただ数多くある金融機関の中には審査を2回でき、もし落ちたとしても情報は残らないといったサービスがあります。

それは「事前診断」といったものです。これはネットから行う事ができます。この時点でまず家にいながらにして行えるといった点が大変便利ですね。

ここで審査を無事に通過した人は、本審査で落ちる事は何かない限りは安心していいと言われています。受かった人にはとても心強い後押しになりますね。大手消費者金融の審査サービスの充実さはさすがといったところですね。審査がどうしても不安といった方には「事前診断」のサービスを受ける事を強くお勧めします。

ニートなど無職でもお金は借りられるのか?

ニートなどの無職の方は基本的に審査が通りません。金融機関から見ると返す当てがないからです。
よく「パートやアルバイトなど安定した収入のある方はOK」という表現をみるかと思いますが、安定した収入って気になりますよね?これ、実は金額などは関係ありません。あくまでも見た目上の話です。ほとんどの金融機関では収入証明が必要になるのは50万円以上の借り入れとなります。そのため、収入の確認は厳密には行われていません。在籍確認もあくまでも、この人がその会社で勤務しているか?の確認だけになります。

つまり、バイト、派遣、正社員を問わず、会社に籍があれば、「安定した収入がある」と言う判断になります。金融機関から見た時に月に20日バイトをしている人も1日しか働かない人も同じ「安定した収入のある人」として認識されます。反対に安定した収入がない人と判断される人がニートなど無職の人となります。

もし、現在無職でどうしてお金を借りる必要がある場合であれば、まずは登録型の派遣会社に籍だけおく努力を先にした方がいいです。職が無い状態で申込をしても審査が通らない確率が高く、その後信用情報に傷がついてしまうことも考えられます。

他社の借入もあり、審査が通るか不安

他社の借入がある場合でも、審査が通らないと言うことはありません。ただし、他社の借入総額によって審査が通らない場合も出てしまいます。総量規制に引っかかってしまう場合は消費者金融系の会社では審査が通らないので、三菱東京UFJなど銀行系のカードローンを利用するすることがお勧めです。銀行系のカードローンは総量規制対象外の商品が多いので、その場合は年収の3分の1を超える借入もOKです。

ただし、銀行系のカードローンはやはり審査が厳しくなる傾向があります。そこで、裏ワザ的な方法があります。消費者金融系の会社に一度に複数申込をすることです。審査基準は各社それぞれ異なる審査方法を採用しているので、現在の借入額が同じ場合でも借入ができるケースが出てきます。ここで、ミソとなるのが同時申込をすることです。

例えば、アコムに申し込んで、ダメだったらプロミス、それもダメならモビットと言う具合に申込を続けると、「審査落ちした人」と言う情報は共有されてしまうので、どんどん審査が通りづらくなってしまいます。同時申込をすると同じ条件で審査をしてもらえます。また、総量規制ギリギリで申込をした場合だと、どの会社も総量規制には引っかからないので、全て審査が通ると総量規制より多い額の借入額の契約ができることになります。もしも必要以上に契約できた場合は借入をせずに予備のカードとして持っておけば問題ありませんし、もしもの時に役立ちます。

金融事故の経験があっても審査は通過するケースがある!

金融事故の経験があって…、審査どうしよう。そういうケースですが、そもそも金融事故というのは、過去に返済を滞納してしまい、債務整理を一度しているなどのトラブルがあって消費者金融から融資すべきではないと判断されてしまっている状態です。この場合は審査通過が不利になってしまいます。金融事故は内容によりますが5年〜10年程度で情報がリセットされます。また、サイトなどで自分の信用情報を確認できるので、まずは自分が対象者になっているかを確認してましょう。

どうしてもお金が必要と言う時でも審査なしの業者からお金を借りるのは絶対にNGです。審査をしないで融資すると謳っている業者は違法業者と言って間違いないので、トラブルになるのが必須です。では、そう言った場合はどうやってお金を借りればよいのでしょうか?残念ながら金融業者からお金を借りるのは非常に厳しいので、身内の人に頭を下げてでも借りるのが一番得策かと思います。

それも厳しい場合は、消費者金融系の会社に複数同時申込するのがお勧めです。サラ金系の会社の場合、銀行系の会社と比べると審査が厳しくない傾向があり、審査結果もすぐにでるのが特徴です。稀にですが、金融事故を起こした直後でも審査に通ったというケースもあるようです。

審査の前の簡単な事前診断

例えば、アコムには3秒診断があります。これは事前にご自身が借りれるかどうかをネットから3秒で判断できるサービスです。記名することなく利用でき、たった3項目の記入でカンタンに利用できます。

また、もし落ちても個人情報が残ることもありませし、何回でも利用できます。審査を受ける前に利用しておくと審査が通過しないで過ごす無駄な時間もなくなり、時間を有効的に使うことができます。事前診断をうまく活用することで不安な審査も安心です。

楽天カードは審査なしなのか?

楽天カードのCMを見たことがある人は多いと思います。あのCMを見ていると、審査がないように感じてしまいます。WEBで申込をするとカードが送られてきて、あとは受け取りの時に本人確認をするだけと言う内容です。

実際に申し込みをするとすぐにカードが送られてきますが、そうでない場合があります。それは、審査通過をしていない人の場合です。実は申し込み後に審査があり、審査を通過した人にはカードが送られてきますが、審査に通らなかった場合はカードが送られてこないのです。

また、カードが送られてきても、キャッシング枠がない場合もあります。こちらも同じく審査の都合になります。ショッピング枠10万円、キャッシング枠0円で利用ができると言った内容になります。もちろんキャッシング枠の追加を申請しても通る可能性は少ないでしょう。

楽天カードは申し込みから1週間程度でカードが送られてきますが、すぐにお金が必要な時にようやく届いたカードにキャッシング枠がなかった時の悲劇は大きいです。

まだ試していないなら申込みだけでもしてみる価値あり

どうしても今すぐお金が必要で、どうすればよいのか迷っている人は、消費者金融に申込だけでもしてみることをオススメします。お金を手に入れる方法はキャッシング以外にも電子マネークレジットカードの現金化などがありますが、それらと比較しても、手続きが簡単・現金を手に入れるまでの時間が早い・使い勝手が便利なのはだんぜん消費者金融だからです。
お金がないのに交通費と時間をかけてどこかへ出向いたり、カードや品物が郵送で届くのを待ったりする必要もありません。スマホで申し込んで1時間後最寄りのコンビニATMでお金が引き出せてしまいます。もしあなたに審査の不安があったとしても、試しに申込みだけしみて審査が通ればラッキーでじゃないでしょうか。

電子マネーやクレジットカード現金化のデメリット

前述したような電子マネーの購入やクレジットカードの現金化を考えている人は、その前にまず消費者金融の申込みを試してみることをオススメします。
電子マネーの一番のデメリットは、現金ではないということです。入金したお金の払い戻しもできませんし、読み取り機が対応している場所でしか使えず、使える場所が限られてしまいます。また、最近ニュースになったクレジットカードの現金化は、現金をクレカのショッピング枠で購入するものですが、申込後に業者から電話がかかってきてやり取りをするので、わずらわしさや周りにバレる原因になります。即入金を謳っている業者でも電話のやりとりで結局時間がかかって不便です。

また、クレカの現金化は消費者金融に比べると金利が高いため結果的に損です。
例えば、現金10万円をカード払いで12万円で購入したら、2万円を余分に支払うわけですよね。それに対し、10万円を消費者金融で借りて金利3%で半年(6カ月)で返済するとしたら、毎月の返済額は1万6812円となり、6カ月の合計はなんと10万874円。つまりたったの874円の利息分で10万円を手に入れることができるわけです。仮に金利が最上限の18%だとしても利息分は5312円で済んでしまいます。
クレジットカードの現金化はすぐに現金が必要な人が返済能力がないにもかかわらず、目先の現金を手に入れるためにカードで決済してしまうケースが多く、業者も分かっていてそういう人を狙っているため破滅へまっしぐらで、社会問題にもなっています。 くれぐれもお金に困った人をターゲットにした罠にはまって損をしないように、賢くお金を手に入れて下さいね。

少額の借入だと審査は通りやすいのか?

100万円の融資と10万円の融資だと、10万円の方が審査が通りやすそうですよね?

確かにそれはそうです。借入額が多くなればなるほど、それに見合った収入が必要になってきます。そのため、金額が少ない方が借りやすいと言えます。では、10万円の審査が通らない人が1万円なら審査が通るか?と言われると話は別になります。多くの場合、50万円程度までの借り入れ希望の審査はひとまとめにされます。そのため、希望額を10万円にしても、実際は30万円まで借入可能ということが多いです。
そのため、一度審査に落ちてしまった後に再度希望額を減らして申込をしても審査が通るというケースはほとんどないかと思います。現在、消費者金融では事前診断を利用できる会社が多いですので、お申込される前に一度利用してみるのが良いかと思います。

違法業者の被害に合わないためには?

違法業者の被害に合わないためには、甘い話には乗らないことです。お金がなく、審査に通るかも不安な時に「審査なしで即日融資」などと言った謳い文句は魅力的に感じてしまいます。

例えばそれで、法外な利息でもお金を借りられるのであれば、それで良いのかもしれません。しかし、被害の実態はお金を借りられることもなく、逆にお金を取られてしまうのです。

↑ PAGE TOP