カードローン ネット申込

最短でキャッシング審査を完了させる方法

消費者金融でお金を借りる時にはネット申込の利用が大変便利です。スマホがあれば、いつでもどこでも簡単に申込を行うことができます。銀行カードローンでもネット申込はできますが、消費者金融はスピード審査で、最短1時間で自分の口座に希望額を振込してもらえます。

また、契約完了した後に自動契約機でカードの発券を行えば、コンビニATMなどでもキャッシング利用することもできます。

銀行ローンと比べると限度額は少なく、金利は高くなりますが、無利息キャッシングを利用できたり、お試し審査などもできるほか、年収が少ない人でも融資を受けやすいなどメリットもたくさんあります。

>>今すぐネット申込みする

忘れずに用意したい必要書類

申込の際に必要になる書類はたったの1つ。身分証明書だけです。運転免許証や健康保険証があれば大丈夫です。ただし、50万円以上の融資を希望する場合は収入証明書が必要になります。源泉徴収票があれば一番良いですが、ない場合は直近の給与明細を用意しておきましょう。

収入証明は状況によって、最悪無くても契約をしてお金を借りることができますが、身分証がない場合は契約することができません。「後日提出するので契約だけは今日したい」と言っても契約することができないので、後日身分証を提出してからの契約となります。そのため、急ぎの場合は必ず身分証は用意しましょう。

簡単!ネット申込の手順

入力フォーム記入(3分程度)

内容の確認。メールでの確認もOK!捨てアドレスなどで登録するとうっかり誰かにバレるリスクを減らせます。

本人確認書類提出。アップロード、カメラアプリ、FAXなどが利用できます。

審査開始、審査に無事通れば契約。審査時間は早ければ30分程度で完了します。

振込融資でお金が借りられます。また、自動契約機(むじんくん)でカードの発券を行えばコンビニATMなどでも借入ができます。

>>さっそく申込んでみる

ネット利用のメリットはどこでも申込ができる点です。もちろんスマホからの申込をできるので、場所を選びません。また、即日振込を利用すれば自分の口座からお金を引き出すだけなので、他の人バレる心配もなくなります。自動契約機(むじんくん)などの自動契約機での申込もネット申込と同じく手間はほどんどありませんが、どこの店舗を利用するのか?と言うことが最大の問題点になります。

自動契約機を利用する場合は、自宅周辺や職場の周辺はおススメできません。自宅や職場周辺は利用は普段通る場所なので立地的なメリットは非常に多いですが、その分知り合いに目撃されるデメリットも多くなります。消費者金融の店舗に入るところを知っている人に目撃されたくはないものです。そうなると、普段はあまり行かない(知り合いに見られる可能性が少ない)店舗までわざわざ足を運ばなくてなりません。これはちょっと手間ですよね。。。

その点、ネット申込は自分の部屋からでも申し込みができます。どうしてもすぐにキャッシングカードが欲しい場合も店舗に向かう前に申込を済ませておけば店舗でカードを受け取るだけになるので、スムーズになります。なお、カード受取の際は身分証明書は必要になるので、お忘れなく!

カードローン即日審査、即日融資ならネット審査と自動契約機でカード発行

どうしてもすぐにお金を借りたい、そんなときありますよね。消費者金融が発行しているローンカードを持っていれば、自社TMや提携ATMからお金を借りることもできますが、ローンカードを持っていない場合には、まずローンカードを発行しなければなりません。

即日融資を可能にするのは「インターネット」

そんなときにカードローン即日審査、即日融資を可能にしてくれるのが、インターネットです。インターネットを使えば、短い時間で即日審査、そして即日融資を可能にしてくれます。現在、ほとんどの大手消費者金融ではネット申し込みに対応しています。

各社のホームページにアクセスしてから「申し込みボタン」をクリックすると、申込画面にジャンプしますので、必要事項を入力していきます。手書きよりもはるかに早いスピードで入力できます。本人確認書類は、メールに画像を添付して送信するか、申込フォームから画像をアップロードするかです。

そうすれば、最短で30分程度で審査結果の回答が来ます。そのあとインターネットで契約をすることも可能で、指定口座に振り込んでもらう方法であれば、即日融資も十分に可能です。

ネットと自動契約機の併用で最短45分

しかし、指定口座に振り込んでもらう方法ですと、カードはその場で発行されませんのですぐに現金を手にすることができません。ローンカードですぐにお金を手にしたいのであれば、申し込みはネットで済ませ、その後自動契約機に足を運んで契約をすれば、ローンカードをすぐに受け取って併設された自社ATMからお金を借りることができます。ネットと自動契約機を併用すれば、最短で45分もあれば現金を手にすることができるのです。

即日融資審査までの時間ネット申込
アコム可能最短30分可能
プロミス可能最短30分可能
SMBCモビット可能10秒簡易審査可能
アイフル可能最短30分可能
レイク可能最短30分可能
オリックス銀行不可最短即日可能
みずほ銀行不可最短即日可能

>>ネットで即日融資に申込む

融資までの時間を短い時間で終わらせるには?

狙いは午前中?
どうしても今日中にお金を借りる必要が出てしまった場合は、 即日融資が可能な消費者金融に申込をする必要があります。

しかし、即日融資が可能な申し込みの時間帯がある、ということはご存知でしょうか?
融資の申し込みを24時間365日受け付けている消費者金融もありますが、審査の受付の時間は 24時間ではないため、タイミングが悪いと翌日以降の融資になってしまいます。

また、審査回答時間に間に合ったとしても、自分が指定する金融期間に振り込みをする「振り込みキャッシング」を希望するとさらに後ろ倒しになることがあります。
そのため結論から言うと、できる限り早い時間に審査の申し込みをしましょう。また可能な限り提携されたATMなどから現金を受け取るようにしましょう。

以下に、アコム、プロミス、モビットのインターネットでの受け付け時間と審査回答の時間、および最短で即日での振り込みキャッシングを希望する場合の時間をまとめました。
またこれらは目安の時間帯であり、実際には受付が混みあっていたり金融機関によっては即日融資を受けられない可能性もあるので 余裕を持って申し込みを致しましょう。

アコム
審査回答時間…9時〜21時
審査時間…最短30分
即日で振込キャッシングを希望する場合:24時間、土日も銀行振込可能(金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。)

プロミス
審査回答時間…9時〜21時
審査時間…最短30分
即日で振込キャッシングを希望する場合:平日は14時00分までに契約。瞬フリでジャパンネット銀行や三井住友銀行を使うと最短10秒で振り込み。

SMBCモビット 審査回答時間…9時〜21時
審査時間…10秒簡易審査
即日で振込キャッシングを希望する場合:平日は14時50分までに契約。

お金を借りるまでの時間をとにかく短くしたいと言う時は事前準備をしっかり行いましょう。免許証などの必要書類や、勤務先の住所をあらかじめ確認しておくことも忘れずに。とくに郵便番号は覚えていない人が多いので、申込の際に無駄な時間を使わないようにしましょう。

また、アコムなどの事前診断も活用して、自分が審査が通りやすいのか通りにくいのかも把握しておくことも大事です。審査に不安がある場合は収入証明も用意ができるといいですね。また、自動契約機(むじんくん)などの自動契約機でカード発行をする場合には免許証の準備は必須です。

クレジットカードより便利?

消費者金融のキャッシュカードは世間的にイメージがあまりよくありませんが、セゾンカードやイオンカードなどのクレジットカードや、みずほ銀行や千葉銀行、横浜銀行などの銀行系カードローンと比べるとお金を借りるまでの時間が早く、カード発行までの時間も早いのが魅力的です。また、口にする人が少ないのでわかりにくいですが、利用している人も非常に多いのです。クレジットカードと比べるとETCカードの発券ができないデメリットはあります。

アコムでは通常のクレジットカードと同じように買い物の際にも利用できるACマスターカードもあります。

↑ PAGE TOP