即日ローン 銀行

今日借りたい時はどうすれはよい?

・今日借りるなら銀行?消費者金融?
⇒コチラ
・今日借りるためのタイムリミット
⇒コチラ
・銀行系カードローンの多彩なサービス
⇒コチラ
・消費者金融と銀行系カードローンの比較
⇒コチラ
・実際の利用者の感想
⇒コチラ

・毎月の返済額が少ないのは?
⇒コチラ

・審査の前の簡単な事前診断
⇒コチラ

・銀行カードローンのメリットデメリット
⇒コチラ

今日借りれるのは銀行カードローン?

どうしても今日中にお金を借りなくてはいけない時は、銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンがおススメです。銀行系のカードローンは金利が低く魅力的ですが、審査を通過するまでの時間が長いのが特徴です。当日中に審査が完了しても、実際にお金を借りられるのは1週間後などということもあります。
下記に紹介している消費者金融は、最短で1時間もあればお金を借りることができます。しかも、自分の口座に振込をしてもらえるので、コンビニATMでお金を引き出すだけ!ネット申込も早ければ30分程度で審査が終わります。
また、レイクはレイクALSAと言う名称に変更されましたが、以前の新生銀行のキャッシングカードローンから新生フィナンシャルのキャッシングカードローンとなっており、銀行系から消費者金融のサービスにも変更されています。レイクALSAは審査時間が最短15秒と非常に審査時間が早くなっています。
>>レイクALSAに申込
>>レイクALSAについて詳しく見る
>>今日中に借りる申込みをする

今日借りるためのタイムリミット

今日中にお金を借りるための最終リミットは、無人店舗の閉店時間までです。おおむね21時くらいには店舗が閉まります。自分の口座に振込を希望する場合は14時までに申込をしましょう。
おおまかな流れは、申し込み→審査→融資となります。無人契約機でカードを発行できれば、コンビニATMでいつでもお金を借りることができます。ただし、在籍確認ができない場合などは審査が翌日に持ち越しになる場合もあるので、申込はなるべく早めに済ませた方が良いです。
>>今すぐ即日融資に申込む
但し、新しくなったレイクALSAは審査時間が最短15秒に短縮されており、21時(日曜は18時)までに契約が完了すれば、当日中に振込が可能となっています。 >>レイクALSAに申込む

>銀行系カードローンはそれぞれに多彩なサービスを打ち出している

銀行でお金を借りるのは家や車を買う時だけと考えている方、結構多いのではないでしょうか。

最近では、銀行でも気軽にお金を借りられるカードローンを実施しており、消費者金融に負けない気軽さで顧客獲得に努めています。

三菱東京UFJ銀行の即日ローン「バンクイック」は、金利が年4.6%から14.6%と、大手消費者金融と比べると上限金利の低さが際立ちます。限度額も500万円と十分な金額です。
インターネットや郵送、電話での即日ローン申込も可能なのですが、バンクイックならではの特徴が「テレビ窓口」です。消費者金融の自動契約機のような使い勝手で、申し込みから最短40分でカードが発行されます。

「レイク」は初めてなら30日無利息、5万円以下の借り入れなら180日間無利息と2種類の無利息が選べますし、申し込み方法もバンクイックと同じような種類を取り揃えています。
レイクでは「スマホ完結」というシステムも導入しており、スマートフォンさえあれば他には何もいらないシステムです。金利は年4.5%から18%、限度額は500万円です。新生銀行はもちろん、セブン銀行などの提携ATMも手数料無料で利用可能です。

ネット専業銀行の楽天銀行カードローンは、金利が年4.9%から14.5%となっており、限度額は500万円です。こちらもコンビニATMを利用可能で、セブン銀行やローソンATM、三井住友銀行で借り入れ手数料がかかりません。

消費者金融と銀行系カードローンを比べると…?

銀行系カードローンと消費者金融の一番大きな違いは、審査スピードです。銀行系カードローンの審査は、銀行では行わずに保証会社へ委託するため、最低数日から長いと1週間程度かかってしまいます。銀行指定の口座を所有していることを条件に即日融資をうたっている銀行もありますが、実際は審査時間が長くなり、即日借入れができないケースがほとんどです。
一方で、消費者金融は審査が最短1時間で済み、即日融資を受けられます。急ぎでお金が必要なら、消費者金融を選ぶのが得策です。
利便性を比べると、現在では銀行系カードローンも消費者金融も提携しているコンビニATMが多いため、借入も返済も簡単に行うことができます。
>>オススメの消費者金融はコチラ

毎月の返済額が少ないのは消費者金融

借入れ後の毎月の返済額も、銀行系カードローンと消費者金融で異なります。
例えば、10万円を借りた場合、銀行系カードローンでは毎月の返済額が1万円ずつ(平均値)なのに対し、アコムなら月々4000円の返済が可能です。返済期間はもちろんアコムのほうが長くなりますが、収入があった時に残債分を一気に完済することもいつでも可能です。お金がないから借りるわけなので、翌月すぐに高額の返済は負担になりますよね。賢くお金を借りるなら、月々の返済額が少ない消費者金融のほうが計画的に借りられます。
>>アコムに申込む

実際の利用者の感想は?

それでも、初めて借りる方は消費者金融よりも銀行系カードローンのほうがイメージが良いかもしれません。ですが、消費者金融を利用する前と後では、対応・信頼・相談のしやすさなど全てにおいて「利用後はイメージが良くなった」という調査結果があります。(日本貸金業協会調べ)
一方、銀行系カードローンを利用した後の感想として多いのが、「銀行の残高がマイナスになるだけなので借りているという意識が低くなり、計画性なくだらだらと借りれてしまうため、常に借入れが残っている状態になってしまっている」というものです。

銀行系のカードローンは元々のイメージがよく、安心感もあるため気が緩みやすいのかもしれません。それに対して、消費者金融は元々のイメージが悪いため、思っていたよりもイメージが良くなった可能性があります。

審査の前の簡単な事前診断

例えば、アコムには3秒診断があります。これは、事前にご自身が借りれるかどうかをネットから3秒で判断できるサービスです。匿名で利用でき、たった3項目の記入でカンタンに利用できます。

また、もし落ちても個人情報が残ることもありませし、何回でも利用できます。審査を受ける前に利用しておくと審査が通過しないで過ごす無駄な時間もなくなり、時間を有効的に使うことができます。事前診断をうまく活用することで不安な審査も安心です。

銀行系カードローンのメリットデメリット

銀行のカードローンは消費者金融のカードローンと比べると金利が低いです。金利は利息なので低いに越したことはありません。しかし、消費者金融のカードローンと比べると審査の時間が長い傾向があり、すぐにお金を借りたい時は不向きと言えます。消費者金融は最短1時間程度でお金を借りられることが多いですが、銀行は早くても翌営業日が多く、営業時間も15時までなのそれ以降の時間だと翌々営業日になってしまうこともあります。また、消費者金融は長くても翌日には審査結果がでることが多いですが、銀行の場合は長いと1週程度審査結果が出ない場合もあります。

↑ PAGE TOP